インプラント治療ができる歯科医の選び方を徹底チェック

美しい歯を手に入れるならやっぱりインプラント!

インプラントをする前に知っておいて欲しいポイント

一般的にインプラントが適応される様になったのは1960年代ですが、概念自体は古代から存在すると言われています。紀元前、インカ文明のミイラからは歯根に宝石が埋め込まれているケースや、歯の抜けた部分に象牙を埋められていました。書物を含む記録が残っていないので何ともいえませんが専門家によると来世で美しい歯が生える様にと死後埋め込まれたものだといわれています。

そこから時代が流れ西暦700年代のマヤ文明では女性の顎の骨に貝殻が埋め込まれていました。これがインプラントの始まりとなっています。そこから鉄や金・アルミニウムやサファイアなど素材が試されてきましたが、どれも人間の歯としてうまくフィットとしませんでした。

現在使われているチタンが使われる様になったのは1952年あたりでした。その当時の研究者が骨髄の役割を調べている際、骨に癒着する事を偶然見つけました。そこからチタンと骨は拒絶反応を起こさずに結合すると分かり、今に至ります。

そんな歴史深いインプラントは、多くの歯医者で取り入れられている施術です。あまりにも歯医者が多く、自分に合ったプランや歯医者を見つけるのが困難になりつつあります。ここではインプラントとは何か?から始まり、歯医者の選び方、注意点について掘り下げています。リーズナブルになったとは言え、気軽に導入出来るものでは無いので正しい知識を知り自分に合った施術を模索する事から始めましょう。

TOPへ戻る